バナー
TOP > 厨房機器の買取は新品の方が有利

厨房機器の買取は新品の方が有利

店じまいをする時に、気になるのは閉店に伴う諸経費です。

貸店舗であることがほとんどですが、店内の設備や内装を原状回復してから貸主に返さなければなりません。

そのため、利益をあげるための経費ではないのでできるだけ出費は避けたいものです。

使用していた厨房機器は処分すると、途方もない経費がかかりますので、これらを上手く処分してコストを削減できるようにしましょう。

厨房機器を購入する時、それが中古や新中古の場合とても購入しやすくコストも削減できます。

これから店を運営していく上で、初期投資が抑えられるのはとてもありがたいでしょう。


しかし、いざ店じまいとなった時はこれらの厨房機器をどこかで買い取ってもらえないかと考えても、中古や新中古の場合は買取価格が下がってしまうのは仕方がないことです。

例え新品であっても、使用年数が長い場合は買取の価格が下がってしまいます。

それでも、通常の処分費よりは多少なりとも買取でペイできますから出費にはなりません。そのためにも買取業者の選定が大切になってきますし、厨房機器はひとつではありませんから、まとめて引き取ってもらえるようにするとよいでしょう。



今は、新品の厨房機器は手入れをよくして大切に使用していれば、買取価格も納得がいくことがほとんどです。

新しく開店する店舗にも、中古の機器は人気があり、初期投資をできるだけ抑えたい人には好評です。



初期投資をどう使うかはその時の状況によりますが、機器は高価なものが多いため判断になやむところです。